BACK NUMBER

住宅ローンには審査基準がある!
ローン審査に影響する項目をチェック

住宅ローンを利用すれば、住宅購入資金を借り入れることができます。しかし、誰でも利用できるものではありません。審査に通過した人にしか、資金の貸し出しをしてもらえないのです。住宅ローンの審査基準とは、一体どのようなものなのでしょうか。今回は、住宅ローンの審査についてチェックしてみましょう。

まずは住宅ローンの申込条件を確認!

住宅ローンを申し込む時には収入などの条件を満たしておくことが必要です。新生銀行の主な条件をご紹介します。

  • 申込時年齢が20歳以上65歳以下、完済時年齢が80歳未満
  • 団体信用生命保険へ加入できること
  • 連続した就業2年以上、前年度税込み年収が300万円以上の正社員もしくは契約社員
  • 自営業の場合は業歴2年以上で2年平均300万円以上の所得であること
  • 日本国籍、もしくは永住許可を得ている人、永住許可がない場合は配偶者が日本国籍、または永住許可を得ており、かつ配偶者が連帯保証人となること

夫婦それぞれが契約者になるペアローンの場合は以下の条件も満たす必要があります。

  • 合算借入申込額が500万円以上
  • 物件の名義を夫婦2人の共有名義とする

他にも物件などの審査項目があります。

住宅ローン審査で重視されること

住宅ローンの申し込みができたら、次は審査です。審査で重視されることを確認しておきましょう。住宅金融支援機構の2019年度「民間住宅ローン貸出動向調査」によると、重視度が増している審査項目の第1位は「返済負担率」でした。返済負担率は、「毎月の返済額÷月収」で計算できます。他にも健康状態や物件の審査があります。

一般的に返済負担率は30~35%程度が妥当といわれていますが、本当に返済できるのかよく考えてから希望借入額を決めるようにしましょう。

転職は住宅ローン審査に影響する?

年齢や年収などと合わせて、一般的には転職歴についても住宅ローン審査でチェックされます。申込書には、現在の勤務先だけでなく、以前の勤務先についても記載しないといけません。それらの情報も審査に通るかどうか影響することがあります。

しかし、転職して何ヵ月後から住宅ローンの申し込みが可能になるかは金融機関によって異なります。

夫婦で組む住宅ローン!審査はどうなる?

夫婦それぞれが住宅ローン契約者となるペアローンの場合でも、審査は両名ともに行われます。申込書の記入を2人とも行うのはもちろんですが、審査に関する書類についても、両名が提出しないといけません。ご参考までに、審査時に提出しないといけない書類の一般例を一部ご紹介します。

  • 健康保険証
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • 住民税課税証明書
  • 住民税課税決定通知書 など

準備する書類が多くあるため、夫婦共にすべてをそろえるのに時間がかかる可能性もあります。スムーズな審査のために、夫婦で住宅ローンを申し込む場合は、一人で申し込む時以上に提出書類に不備がないかしっかり確認しておくようにしましょう。

参考リンク:審査お申し込み条件

田尻様
【執筆者】
田尻宏子(たじりひろこ)
・2級FP技能士
・証券外務員第一種

株式、債券、金利、為替、REIT等、マーケットの変動がその価格等に影響を及ぼす金融商品を購入する際は、必ず個別金融商品の商品説明書等をご覧・ご確認いただき、マーケットの動向以外に、各金融商品にかかる元本割れなどの固有のリスクや各種手数料についても十分ご確認いただいた上でご判断ください。

本稿は、執筆者が制作したもので、新生銀行が特定の金融商品の売買を勧誘・推奨するものではありません。

  • ・本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場観等を示唆するものではありません。
  • ・金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。
  • ・上記資料は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を新生銀行が保証するものではありません。
  • ・また本稿の内容は2020年2月3日時点の情報に基づきます。

当行では具体的な税額の計算、および、税務申告書類作成にかかる相談業務はおこなっておりません。個別の取り扱いについては、税理士等の専門家、または所轄の税務署にご確認ください。

  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら
  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら