投資信託

投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。 詳しくはこちらをご確認ください。

2018年9月28日取扱開始 ノーロードファンド特集

制作:2018年9月

ノーロード2ファンド新規取り扱い開始

2018年9月28日よりインターネット専用の海外株式2ファンドの新規取り扱いを開始いたしました!各ファンドの注目ポイントをご紹介します。

ピックアップファンド

netWINゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンド

設定・運用:ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社

当ファンドの目的及び特色

米国を中心とした「インターネット・トールキーパー」企業の株式への投資を通じて、信託財産の長期的な成長をめざして運用を行います。「インターネット・トールキーパー」企業とは、メディア、テレコミュニケーション、テクノロジー、インターネット関連セクターにおいて、インターネット企業やインターネット・ユーザーに対しアクセス、インフラ、コンテンツ、サービスを提供し、かつ、インターネット業界の成長により収益が上げられるとポートフォリオ・マネジャーが判断した企業です。

注目ポイント

1 IoT(Internet of Things)  あらゆるモノがつながり、世界を変える。

インターネット接続デバイス数の増加予測

インターネット接続デバイス数の増加予測

人、モノ、そのすべてが、インターネットでつながり合うIoTの世界。例えば、自動車と信号、道路がつながり合うことで、渋滞も信号待ちもなく最短距離、最短時間で目的地までたどり着けたり、ウェアラブル機器と病院がつながることで、医師が患者の健康状態を常に把握でき、安心して生活できるなど、その可能性は無限に広がっています。

(出所:ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社提供のデータをもとに新生銀行作成)

2 クラウド・コンピューティング  IoT時代を支えるネットワークインフラ。

クラウドサービスの世界市場規模の推移
および予測

クラウドサービスの世界市場規模の推移および予測

2020 年にはおよそ400億のモノがインターネット化(IoT)されるといわれ、それに伴いデータ通信量は急増し、また通信速度は大幅にあがることが予想されます。膨大なデジタルデータをネットワーク上に蓄積・保管し、スピーディに処理できるクラウド・コンピューティングが、IoT時代を加速させるインフラとして注目されています。

(出所:ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社提供のデータをもとに新生銀行作成)

3 AI ビッグデータ分析に欠かせない人工知能。

世界のAI市場規模*1予測

世界のAI市場規模*1予測

IoT時代の加速に欠かせないビッグデータの分析。機械はもはや処理を素早く正確に行うだけでなく、自らが処理方法を学習するまでに進化しています。AI (人工知能)による革新の場は、完全自動運転車や、ロボット、工場ラインの高度な自動化など、実に多彩で、世界の名だたる企業をはじめ、スタートアップ(起業間もない企業)などが競ってサービスや商品の開発に取り組んでいます。

(出所:ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社提供のデータをもとに新生銀行作成)

  • *1 AI市場規模とは、機械学習やディープラーニングといったAI のソフトウェアから直接的あるいは間接的に生み出される売上を指します。
  • 上記は過去のデータおよび一時点における予測値であり、将来の結果を示唆または保証するものではありません。経済、市場等に関する予測は高い不確実性を伴うものであり、結果は上記と大きく異なる場合があります。

主なリスク等

この投資信託は、主に米国の株式を主要投資対象としています。この投資信託の基準価額は、組み入れた株式の値動き、為替相場の変動等の影響により上下しますので、これにより損失を生じることがあります。

  • Aコース(為替ヘッジあり)、Bコース(為替ヘッジなし)の間でスイッチングはできません。

手数料/費用等

ベトナム成長株インカムファンド

設定・運用:キャピタル アセットマネジメント株式会社

当ファンドの目的及び特色

ファミリーファンド方式により、主としてベトナムに上場しているベトナム株式とベトナム関連株式に投資し、信託財産の成長を目指して運用を行ないます。ベトナム株式及びベトナム関連企業の株式の中から成長が期待できる銘柄や配当が魅力的な銘柄に選別投資し、分散されたポートフォリオを構築することを目指します。

注目ポイント

1970年代の日本に似ているベトナム

2016年のベトナムのGDPは1970年前半の日本と同じ水準となっており、2015年のベトナムの人口構成も1970年の日本と似ています。また日本の人口のピークは2008年と1970年から約40年後でしたが、ベトナムの人口のピーク予想も今から約40年後の2059年となっており、日本と同じように人口増加の恩恵を受けながら経済成長を続けていくと運用会社ではみています。

【日本の一人あたりのGDP(米ドル)推移】

(出所:キャピタル アセットマネジメント株式会社提供のデータをもとに新生銀行作成)

  • 上記データは過去の実績および現時点での予想であり今後の経済成長等を示唆あるいは保証するものではありません。

主なリスク等

この投資信託は、主にベトナムの株式を主要投資対象としています。この投資信託の基準価額は、組み入れた株式の値動き、為替相場の変動等の影響により上下しますので、これにより損失を生じることがあります。

手数料/費用等

こちらの取扱中ノーロードファンドにも注目!1

Yjamライト!

設定・運用:アストマックス投信投資顧問株式会社

当ファンドの特徴

投資先ファンドを通じて、世界各国の株式、債券に投資を行ないます。資産配分は、信託財産の純資産総額に対し株式50%、債券50%を目安とします。なお、債券については、米ドル建てを除く世界の債券、米国の債券に投資を行ないます。外貨建資産については、原則として、対円での為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります。

注目ポイント

めざすイメージは、ダメージを抑えた安定的な値動きです。

大きな上下動を繰り返さずに、着実に収益を積み重ねていく運用成果を目指します。
主としてインデックス型の投資信託証券に投資し、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保をめざして運用します。

主なリスク等

この投資信託は、主に国内外の株式、債券を投資対象としています。この投資信託の基準価額は、組み入れた資産の値動き、為替相場の変動等の影響により上下しますので、これにより損失を生じることがあります。

手数料/費用等

こちらの取扱中ノーロードファンドにも注目!2

三井住友・げんきシニアライフ・オープン

設定・運用:三井住友アセットマネジメント株式会社

当ファンドの特徴

主として日本の取引所上場株式を中心に投資します。高齢化社会が生み出す新ビジネス、新技術あるいは様々なニーズ等をシルバ−ビジネスとしてとらえ、こうした分野に注目して事業を展開していく企業の株式を中心に投資し、信託財産の成長を目指します。

注目ポイント

アクティブシニア関連・ヘルスケア関連の2つのポイントに着目

今後の成長が期待される「元気で健康な高齢者」と「介護」に関するシルバービジネスの分野に投資を行うファンドです。1つ目は元気で若々しいアクティブシニア関連ビジネスへの投資です。アクティブシニアのレジャー、外食、スポーツ、健康商品、不動産・金融商品等への支出に着目しています。
もう1つはヘルスケア関連ビジネスへの投資です。ヘルスケア関連のマーケットの拡大は世界的にも大きく注目されています。また、65歳以上の人口増加とともに医療費は増加しており、ヘルスケア関連ビジネスは成長分野といえます。

主なリスク等

主に日本の株式を投資対象としています。ファンドの基準価額は、組み入れた株式の値動き、当該発行者の経営・財務状況の変化等の影響により上下します。基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

手数料/費用等

  • 本資料は信頼できると思われる情報に基づいて新生銀行が作成しておりますが、情報の正確性、完全性が保証されているものではありません。
  • 本資料は情報提供を目的としたものです。
  • 投資判断に際しては、必ず目論見書(目論見書補完書面を含みます)をご確認ください。
  • 本資料のいかなる内容も資料作成時点のものであり、予告なく変更する場合があります。
  • 本資料のいかなる内容も、将来の投資利益を示唆あるいは保証するものではありません。
  • 上記に記載の「netWINゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンド」は、お客さまのリスク許容度4〜5のお客さまに、「ベトナム成長株インカムファンド」は、お客さまのリスク許容度5のお客さまに、「Yjamライト!」は、お客さまのリスク許容度3〜5のお客さまに、「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」は、お客さまのリスク許容度4〜5のお客さまにおすすめできるファンドです。お客さまのリスク許容度と適合しない場合があります。ご購入の際にはお客さまのリスク許容度を確認させていただきますので、その結果のリスク許容度次第ではご購入いただけない場合があることをご了承ください。
  • 新生銀行で取り扱いのある投資信託一覧はこちらからご確認下さい。
  • お客さまのリスク許容度に応じてさまざまなファンドを取り揃えていますので、各ファンドの詳細ページにて「お客さまのリスク許容度」の項目をご確認ください。

その他のファンド情報

新生銀行ではシリーズ全ファンドが申込手数料、無料!Funds-iシリーズ

「分配金について」

投資信託の収益分配金に関する説明・通貨選択型投資信託に投資する際の収益/損失に関するご説明

「分配金利回りについて」

投信口座開設

ネットで簡単開設!
5分で入力、最短4営業日で開設完了

投信口座の開設方法!

NISAも!特定口座も!

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内