用語集

元本払戻金(特別分配金)

投資信託の各決算時に受益者に支払われる金額を収益分配金といいます。分配金は、保有している投資信託の損益状況に応じて、課税対象となる「普通分配金」と投資元本の払い戻しにあたる(つまり収益ではない)ため非課税扱いの「元本払戻金(特別分配金)」に分類されます。分配金が支払われる際、分配落ち後の基準価額が個別元本(各ファンドに対し投資家ごとに計算される元本)を上回っている場合には、全額が普通分配金となり、個別元本を下回っている場合は、下回る部分が元本払戻金(特別分配金)となります。例えば、100,000円(+お申込手数料)で購入したファンドの時価がその後の決算時に102,000円まで上がり、3,000円の分配金が支払われた場合、分配落ち後の基準価額は99,000円となり、このうち2,000円が普通分配金、残り1,000円が元本払戻金(特別分配金)となります。

用語集一覧へ戻る