用語集

標準偏差

標準偏差とは、データのばらつき具合を表す数値の一つです。投資信託では、価格変動リスクの度合いを示す指標として使われます。基準価額のぶれ幅が大きい、つまり標準偏差が大きいと、それだけリスクが高いことを示しています。しかし標準偏差は小さければよいというわけではなく、リスクが低い分安心感はありますが、大きな収益は見込めません。逆に、標準偏差が大きいとリスクは高くなりますが、大きな収益につながる可能性もあります。

用語集一覧へ戻る