用語集

ペイオフ

金融機関が破綻した場合に預金者を保護するために「預金保険制度」が設けられていますが、この制度に基づき預金者に保険金を支払うことをペイオフといいます。普通預金や定期預金などは、1金融機関ごとに預金者1人あたり元本1,000万円までとその利息等がペイオフの対象となっています。投資信託はペイオフの対象ではありませんが、投資信託が投資する資産は運用会社が保管するのではなく信託銀行などが保管し、その信託銀行などでは、それらの受託資産を自己の資産と分別して管理することが法令により定められています。このため、販売会社、運用会社、信託銀行が破綻しても信託財産が破綻処理に使われることはなく、投資家の財産は守られます。

用語集一覧へ戻る