積立(外貨・投信)

口座をお持ちでない方

口座開設

新生銀行の選べる積立

新生銀行の「積立」は、目的に合わせて商品を選べます。まずは少額から運用をはじめてみたり、これから時間をかけて無理をしない資産作りを始めたいとお考えのお客さまにおススメです。
選べる通貨
  • 米ドル米ドル
  • 豪ドル豪ドル
  • ユーロユーロ
  • NZドルNZドル
  • 英ポンド英ポンド
期間
6ヵ月、1、2、3年
最低預入金額
毎月1万円(円貨での金額指定の場合)
取扱窓口
ネット

アメリカドル
3年
金利

(税引後 年%)

オーストラリアドル
3年
金利

(税引後 年%)

現在
頑張って続ければ、うれしいボーナス金利!
ボーナス金利の計算方法(全通貨・期間共通)=満期までに積立した外貨の元金×0.5円
決めた期間まで欠かさず積み立てを続けた場合には、ボーナス金利を円で受け取れます。

外貨積立 パワービルダーで
毎月3万円積み立てた場合の満期時受取元利金額とボーナス金利の試算例(税引後)

アメリカドル 3年

積立金額
万円
元利合計
米ドル
ボーナス金利
  • 試算の為替レートはTTS円/TTB

オーストラリアドル 3年

積立金額
万円
元利合計
豪ドル
ボーナス金利
  • 試算の為替レートはTTS円/TTB

現在

  • 現在の為替レートにより試算。

投資信託を始めてみようとお考えの方や、購入するタイミングが難しいと、お悩みの方にもおススメです。積立対象ファンドは、ファンドラインナップで積立アイコンがあるファンドです。

ファンドラインナップはこちら

そもそも投資信託って?「はじめての運用」特集

ファンドランキング情報

NISA口座またはつみたてNISAで投信を積立することができます。分配金(普通分配金)や売却益が非課税となります。NISA制度を活用して投信積立を検討している方におススメです。

お客さまが年齢や金融資産額などの基本的な質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが世界の約6,000のETF(上場投資信託)の中から最適と思われる組み合わせを提案・運用します。 スマートフォンでの簡単な手続きのもと、1万円から始められ、手数料も預かり資産額の1.10%(税込・年率)とお手頃なコストで運用できる新しい資産運用のカタチです。

お役立ちコンテンツ

積立シミュレーション

初めての方へ

外貨預金の仕組みをマンガで解説!

投資信託をはじめてみたいとお考えのかたへ

新生銀行ならではのお得なサービス、NISAプラスをマンガで解説!

外貨積立「パワービルダー」各種計算式

積立金額:毎月の円積立金額×期間(36ヵ月)
元利合計:積立金額(積立通貨建て)+[各月の円積立金額÷TTSレート×金利(税引後)×残存月数÷12ヵ月]の36ヵ月分の合計
ボーナス金利:積立金額(積立通貨建て)×0.5円(税引前)

  • 利息試算例は、期間中為替変動がないものとして積立は同一のTTSレート・利息や満期時元金は同一のTTBレート、1年を12ヵ月とした単純計算であり、為替レートの変動、利息の計算日数等の要因により、実際のお受取元利金額は異なります。
  • 円と外貨の交換、他の通貨への交換には為替手数料を含んだ当行所定の為替レートが適用されます。
    そのため受取時の円貨額は為替相場に変動がない場合でも預入元本を下回る場合があります。
  • 満期日以降は外貨普通預金店頭表示金利が適用され、上記金利は適用されません。ボーナス金利は円普通預金金利に入金され、円普通預金が適用されます。
  • 預け入れ時に選ばれた「通貨」「期間」「積立金額」は途中で変更できません。
  • 市場動向等により適用金利を変更または本預金の取り扱いを中止する場合があります。

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内

NISA口座について

  • NISAには、成人を対象とした「一般NISA」、成人を対象としつつ積立投資に特化した「つみたてNISA」、未成年者を対象とした「ジュニアNISA」があります(総称して「NISA」といいます)。また、それぞれの口座を、「一般NISA口座」、「つみたてNISA口座」、「ジュニアNISA口座」と呼びます(総称して「NISA口座」といいます)。
  • ジュニアNISAの利用を申し込むと、「ジュニアNISA口座」と「課税ジュニアNISA口座」の両方が同時に開設されます。売却代金および分配金等は「課税ジュニアNISA口座」で管理されます。
  • 「非課税口座異動届出書(勘定の変更用)」をご提出いただくことにより、当年分あるいは翌年分について、一般NISAからつみたてNISA、あるいはつみたてNISAから一般NISAへの変更が可能です。ただし、当年分の一般NISAからつみたてNISA、あるいはつみたてNISAから一般NISAへ変更を希望される場合は、その年における非課税枠の利用がない場合に限り勘定変更が可能です。受理日までに当年の非課税枠を利用されている場合には、翌年分の勘定変更とさせていただきます。
  • [2019年8月27日現在]

一般NISAについて

  • [2018年12月14日現在]

つみたてNISAについて

  • [2019年8月27日現在]

一般NISAでの投信積立における「NISAプラス」適用に関するご注意点
(新生パワーダイレクトでの操作について)

  • NISA口座で保有しているファンドの分配金において、自動的に再投資する設定になっている場合もNISA優先で再投資を行います(その年の非課税枠が0円の場合は特定口座、もしくは一般口座で再投資を行います)。

<「NISAプラス」適用の確認方法について>

<2016年6月6日以前に設定された積立に関して>

  • [2018年12月14日現在]