新生銀行

パワード定期 円投資型

円ではじめて、満期金は円か外貨でお受け取り。

  • 当行の通常の円定期預金より高い金利が得られます。
  • 円でのお預け入れとなりますが、満期時の元金と利息は、特約判定日の為替レートにより、当行が「円」または「外貨」での受け取りを判定します。

仕組預金には元本割れとなるリスクなどがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

仕組図 (円投資型 米ドルタイプの場合)

仕組図 (円投資型 米ドルタイプの場合)
  • 「特約設定レート」は、預入日の東京時間午後3時における為替レートをもとに当行が定める「基準レート」に当行所定の一定の幅からお客様が選択した幅を加味して預入後に決定されます。

最新の金利

円投資型 NZドルタイプ 1年もの

現在

NZドル

特約設定レート=基準レート 1年もの

金利

%

(税引後%

NZドル

特約設定レート=基準レート 円 1年もの

金利

%

(税引後%

NZドル

特約設定レート=基準レート 円 1年もの

金利

%

(税引後%

NZドル

特約設定レート=基準レート 円 1年もの

金利

%

(税引後%

万円お預け入れの場合の満期時受取元利金(元金+税引後利息)試算例

円投資型 NZドルタイプ 1年もの

円受取の場合 元利金合計

円投資型 ニュージーランドドルタイプ 1年もの

特約設定レート=基準レート

特約設定レート=基準レート

特約設定レート=基準レート

特約設定レート=基準レート

円投資型 NZドルタイプ 1年もの

外貨受取の場合 元利金合計

特約設定レート=基準レート

NZドル

特約設定レート=基準レート

NZドル

特約設定レート=基準レート

NZドル

特約設定レート=基準レート

NZドル

現在の為替レート(仲値)を仮の基準レートとして試算

<参考>満期時に外貨受取となった場合の円換算額

基準レート
TTB(買付レート) 円の場合 約万円
TTB(買付レート) 円の場合 約万円

基準レート
TTB(買付レート) 円の場合 約万円
TTB(買付レート) 円の場合 約万円

基準レート
TTB(買付レート) 円の場合 約万円
TTB(買付レート) 円の場合 約万円

基準レート
TTB(買付レート) 円の場合 約万円
TTB(買付レート) 円の場合 約万円

  • (円受取)300万円×金利(税引後)×日数÷365日+300万円
    (外貨受取) 円受取金額÷特約設定レート
    (円換算額)外貨受取金額×TTB(買付レート)

    • 元利金試算例は、金利(税引後)に日数を乗じた単純計算であり、為替レートの変動、利息の計算日数等の要因により、実際の受取元利金額は異なります。
    • 満期日以降は普通預金店頭表示金利が適用され、上記金利は適用されません。
    • 金利や基準レートは市場動向等により毎日変動します。
    • 通貨タイプや期間により、選べる特約設定レートが異なる場合があります。

パワード定期(円投資型)満期シミュレーション

相対通貨(外貨)で受け取る場合の金額や為替の損益分岐為替レートが簡単に試算できます。

商品概要

まずはこの金利をご覧ください! パワード定期 スタッフインタビュー 特徴・どのような人が取引しているの・気を付けるポイント などをお伝えします

パワード定期(円投資型)は満期金(元金と利息)が外貨となる可能性(元本割れリスク)がある代わりに、下記の金利が受け取れる商品です。
期間は店頭では1年もの、ネットでは1ヵ月ものの取引が多くなっています。通貨タイプは、なじみのある米ドル、豪ドルをお選びいただく場合が多いです(2016年8月の取引件数)。
「パワード定期(円投資型)をまだ取引したことがない。」というお客さまは、ぜひパワード定期(円投資型)の魅力をこの特集でご確認ください!

教えて!パワード定期(円投資型)の特徴

FEATURE01

選べる金利

お選びいただく特約設定レートのタイプにより、金利は以下の通りとなります。また、預入時の金利・条件は市場動向等により毎日変動します。
インターネットなら30万円からお預け入れできます。

例えば、「円投資型 豪ドルタイプ」・「1年もの」の場合

現在

豪ドルタイプ

1年もの 金利

特約設定レート=基準レート

金利 年%
税引後 年

特約設定レート=基準レート-1円

金利 年%
税引後 年

特約設定レート=基準レート-3円

金利 年%
税引後 年

特約設定レート=基準レート-5円

金利 年%
税引後 年

満期後は円または豪ドル普通預金店頭表示金利が適用され、上記金利は適用されません。
市場動向により設定できない場合がございます。

FEATURE02

選べる期間

パワード定期は期間が1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月・1年から選べます。

FEATURE03

選べる相対通貨

米ドル・豪ドル・NZドル・ユーロ・南アフリカランドから選べます。

  • 相対通貨とは、将来元利金を外貨で受け取ることになる可能性がある通貨です。満期時のお受け取り通貨は、満期時の為替レートによって当行が決定します。
  • お客さまは満期金の受取通貨をお選びいただけません。

例えば、特約設定レートを「基準レート」でお選びいただいた場合

設定例

お預け入れ時の為替レート(※1)よりも、満期時の為替レート(※2)が「円安または同じ」の場合は「円」で受け取り! 「円高」の場合は「外貨」で受け取り!

  1. このレートを「特約設定レート」といい、満期時の受け取り通貨を決定する基準となります(上記例では90円)。
    “特約設定レート”は、お預け入れ日の午後3時の実勢為替レートを元に当行が決定します。また、上記は特約設定レートを「基準レート」とした場合の例です。
  2. 実際には満期日の2営業日前がお受け取り通貨の判定日となり、この日の午後3時の為替レートと「特約設定レート」を比較し満期金(元金と利息)の受け取り通貨が決定されます。
  3. 外貨でお受け取りとなる場合、満期金(元本と利息)は預け入れ時の為替レート(「特約設定レート」。上記例の場合、1豪ドルあたり90円)で豪ドルに交換され、満期日2営業日前の為替レート(上記例の場合、89円)では交換されません。

パワード定期には、外貨からお預け入れいただける「パワード定期 外貨投資型」のご用意もございます。通貨は米ドル・豪ドル・NZドル・ユーロ・南アフリカランドからお選びいただけます。

パワード定期 外貨投資型-外貨タイプ

パワード定期 外貨投資型-円タイプ

どのような人が取引しているの?

どのような人が取引しているの?

円定期預金では物足りないお客さまからのお取引が多いと感じています。

パワード定期(円投資型)ですが、円定期預金が満期になり、この先特に使う予定がないし、外国為替や外貨預金に興味があるお客さまからのお取引が多いと感じています。今後、ある通貨の為替レートが円安に進むとお考えなら当該通貨の外貨預金をお選びいただく場合が多いのですが、相場は膠着するとお考えの場合にパワード定期円投資型パワード定期プラスをお選びいただくこともあります。
積極的な値上がりを求める方は投資信託にご興味いただくことが多いため、パワード定期パワード定期プラスをお選びいただくことは少ないように感じます。

気を付けるポイントは?

パワード定期には次のような注意ポイントがありますのでお申し込みの際には今一度確認しておきましょう。

  • 原則として中途解約できません。中途解約された場合、元本割れとなる可能性が高いです。
  • 元利金が外貨でお受け取りとなった場合、元利金は実勢為替レートではなく、実勢為替レートより不利な特約設定レートにて「外貨」に交換されます。このためすぐに円転すると元本割れが生じます。
  • また、外貨となった元利金をその後円転する際は、為替レートの変動や交換にかかる為替手数料により、当初預け入れた円の元本を下回り元本割れとなる可能性があります。為替レートの変動がなかった場合でも、お受け取り金額は円の元本を下回ります。
  • パワード定期は将来円安になっても円安メリット(為替差益)を享受できません。

パワード定期(円投資型)のリスクを説明する際、シンプルな円定期預金と比較してご説明すると、お客さまにご理解いただけます。
下の図の通り、「期間」、「金額」、「預入通貨」、「満期受取通貨」、「利息受け取り通貨」を比較し、とりわけ「満期受取通貨」、「利息受け取り通貨」については、外貨で受け取る可能性があることを明白にすることで、「なるほど、だからこの金利がもらえるのね」とご納得いただきます。リスク分に応じて金利が変わることにお客さま自身でお気づきになるようです。

パワード定期(円投資型) 円定期預金
預入期間 1・3・6ヵ月、1年 1・3・6ヵ月、1・2・3・4・5年
預入金額 店頭・電話100万円以上、1円単位
インターネット:30万円以上、1円単位
1,000円以上
預入通貨
満期受取通貨 円または外貨
利息受け取り 円または外貨

どのような質問が多いですか?

一番多い質問は、「外貨で受け取った後はどうすればいいの?」という質問です。
お客さまには、外貨で受け取った後の運用方法をお伝えします。外貨で受け取ることが終わりではなく、その先も運用は続きますのでぜひご相談ください。その他の質問は下部をご参考ください。

最後に一言

  • 先日、「運用は初めてなんだけど・・・。」という主婦の方の運用相談をする機会がありました。
    外国為替の話をすると興味津々でその日は何もしないでご帰宅されました。翌週 再度ご来店され「豪ドル/円の為替レートが少し円高になり、この為替レートならパワード定期の円投資型豪ドルタイプの設定をしようと思った。」とお話しされました。こちらのお客さまは1週間為替レートと金利を確認し、お決めになったようです。
    その場で取引を決断する必要は全くありません。マーケットは常に動いていますし、為替レートが動く背景もさまざまです。お客さまの相場観にあったタイミングで取引をご検討いただければと思います。
    今回ご来店いただいたお客さまのように、為替やマーケットにご興味いただき、知識をつけて、こちらからも色々提案できるような関係を築いていきたいです。

よくあるご質問

  • いいえ、選べません。
    満期時に元金と利息を「円」で受け取るか、「外貨」で受け取るかの判定は、満期日の2営業日前である「判定日」の15時に当行が判定します。お客さまは受取通貨を選ぶことはできません。

  • いいえ。預け入れ期間中の為替レートは満期時の受取通貨の決定には関係ないため外貨に交換となるかは満期までわかりません。
    受取通貨の判定はあくまで、満期日の2営業日前である判定日に決定します。
    例えば、「特約設定レート=基準レート-5円」で設定した場合、期間中に為替レートが預入時の為替レートよりも5円以上円高になったとしても、その時点で外貨に交換されるわけではありません。

  • いいえ。預入時にお選びいただいた特約設定レートでの交換となります。
    あくまで例ですが、預入時の特約設定レートが100円、満期時の実勢為替レートが90円だった場合、満期金は90円ではなく100円で外貨に交換されます(この場合実勢為替レートで交換されるよりも不利な条件で交換されることになります)。

  • 特約設定レートなど、条件をかえてみてはいかがでしょうか。
    元利金が円になるか外貨になるかを決める「特約設定レート」を、預入時の為替水準(基準レート)からマイナス幅の大きい条件を選ぶことで円高への対応力が高まり、元利金を円で受け取れる可能性を高めることができます。

    詳しくはこちら
  • 外貨になった満期金をすぐに円に交換すると元本割れとなります。
    外貨預金のまま当面持ち続け特約設定レートよりも円安になるのを待ってから、満期金を円に戻せば、元本を割り込むことが回避できたり、場合によっては為替差益が得られる場合もあります。

  • 豪ドルのほかにも、米ドル、ユーロやNZドル、南アフリカランドタイプもお選びいただけます。
    期間も1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月・1年が選択可能です。金利は通貨や預け入れ期間によって異なります。
    ※通貨や市場環境によって選択できない特約設定レートがあります。

    詳しくはこちら 詳しくはこちら

新生パワーダイレクトインターネットバンキング

関連情報

仕組預金

よくあるご質問

パワード定期について

  • 利息は源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となります。税引後金利は、表示位未満がある場合は表示位未満切り捨てとなります。
  • 本商品は通貨オプションを内包しており、満期日の2営業日前の東京時間午後3時の実勢為替レートと特約設定レートの比較により、受取通貨を判定します。特約設定レートと比べて、実勢為替レートが預入通貨安または同値の場合は元利金を満期日に預入通貨のまま、預入通貨高の場合は相対通貨にてお受け取りいただきます。元金を相対通貨でお受け取りの場合には、特約設定レートで相対通貨に交換され、満期日の実勢為替レートで交換されません。実勢為替レートより不利なレートにて交換されるため、相対通貨でお受け取りとなった以降為替変動がなかった場合でも、お受取金額は相対通貨に交換された預入通貨の元金を下回ります。また満期時の実勢為替レートが預入時の特約設定レートと同値か預入通貨安となった場合、預入通貨でのお受け取りとなりますので預入通貨安メリット(為替差益)を享受することはできません。
  • 特約設定レートの基準レートは設定日の当日、東京時間午後3時に決定されます。特約設定レートは後日送付される「確認書(契約締結時交付書面)」でご確認ください。
  • 特約設定レートのタイプは原則として当行所定の複数の条件(通貨タイプやマーケット環境により1つのみの場合もあります)の中からお選びいただけます。
  • 本商品は原則として中途解約できません。当行がやむを得ないものと認め、中途解約に応じる場合、中途解約に伴い発生する解約日から満期日までの本商品の再構築額およびそれに伴う費用を当行所定の計算により算出した金額を元本から差し引いたうえで、預入通貨の普通預金に入金します。この場合、当初預入金額を下回り、預入通貨ベースで元本割れする可能性が高いです。一般的に、預入時の為替相場と比較して中途解約時の為替相場が預入通貨高になるほど、また経過期間が短いほど、再構築額は高くなります。計算方法については、商品説明書(契約締結前交付書面)をご確認ください。
  • 外国為替市場の急激な変動があった場合やシステム障害等により、当行の提示する為替レートと実勢の為替レートが大きく異なる場合があります。お取り引きの際には、必ず適用される為替レートをご確認ください。
  • 自動継続はありません。満期日に受取通貨の普通預金に入金となり、以降は当該通貨の普通預金店頭表示金利が適用されます。
  • 預入通貨が外貨の場合は預金保険の対象外となります。
  • 預入通貨が円の場合は預金保険の対象です。お客さまが当行にお預け入れの他の「一般預金等」と合算して、元本1,000万円までと保険事故発生日までの利息(ただし、保険事故発生により、本商品の利息の適用金利等については、既に支払い済みの利息を除いては、預入時に遡って、預入時における本商品の預入期間と同一の期間のパワーフレックス円定期預金の店頭表示金利(キャンペーン金利や金額・ステージ・販売チャネル等に応じた優遇金利を除きます)が適用されます)が保護されます。なお、満期時受取通貨が相対通貨(外貨)となり、元利金が相対通貨(外貨)に交換のうえ、お客さまのパワーフレックス口座の相対通貨(外貨)普通預金に入金された場合には、預金保険の対象外となります。
  • 店頭での外貨現金・外貨送金のお取り扱いはしておりません。
  • 外貨送金する場合は事前にGoレミット新生海外送金サービスにお申し込みいただく必要があります。
  • 外貨送金には別途送金手数料がかかります。