新生銀行

パワード定期プラス

円ではじめて、満期金は円か外貨でお受け取り。毎年円で確定した利息が受け取れる。

  • 円でのお預け入れとなりますが、満期時の元金は、特約判定日の為替レートにより、当行が「円」または「外貨」での受け取りを判定します。
    利息は毎年、円でお受け取りとなります。

仕組預金には元本割れとなるリスクなどがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

仕組図 (円投資型 米ドルタイプの場合)

仕組図 (円投資型 米ドルタイプの場合)
  • 「特約設定レート」は、預入日の東京時間午後3時における為替レートをもとに当行が定める「基準レート」に当行所定の一定の幅からお客様が選択した幅を加味して預入後に決定されます。

円投資型米ドルタイプの金利例

30万円以上(ネットの場合)

現在

米ドル

特約設定レート=基準レート 3年もの

金利 年%

(税引後 %

米ドル

特約設定レート=基準レート円 3年もの

金利 年%

(税引後 %

米ドル

特約設定レート=基準レート円 3年もの

金利 年%

(税引後 %

米ドル

特約設定レート=基準レート円 3年もの

金利 年%

(税引後 %

  • 店頭・お電話の場合のお預入れは250万円以上になります。
  • 満期日以降は普通預金店頭表示金利が適用され、上記金利は適用されません。
  • 金利や基準レートは市場動向等により毎日変動します。
  • 通貨タイプや期間により、選べる特約設定レートが異なる場合があります。

商品概要

申込情報

預入期間

3年、5年

預入金額
  • 250万円以上、1円単位(店舗/電話)
  • 30万円以上、1円単位(インターネット)
預入通貨(通貨の種類)

  • 円投資型・米ドルタイプ
  • 円投資型・豪ドルタイプ
  • 円投資型・NZドルタイプ
満期取扱

自動解約型

満期受取通貨

円または外貨(相対通貨)

利息受取

毎年

利息受取通貨

元本保証

原則として中途解約できません。中途解約された場合、元本割れとなることがあります。
満期時の元金と利息を「外貨」で受け取った場合、元本割れとなることがあります。

預金保険

本預金は預金保険の対象です。
ただし利息等の一部は預金保険の対象外となります。

詳しくは商品説明書をご確認ください。PDF
  • 満期時の元金を「外貨」で受け取った場合、預金保険の対象外となります。
  • 当日扱いは原則として店舗、電話は13:30、ネットは14:00受付完了分まで。以降は翌営業日扱いとなります。

中途解約時および満期時における想定損失額等について

この預金は原則として中途解約できません。ただし、当行がやむを得ないものと認めて中途解約に応じる場合には、中途解約に伴う損害金をお客さまにご負担いただきます。この損害金の額は中途解約時の市場実勢に応じて変動しますので、中途解約時における実際の金融情勢によっては、契約締結前交付書面でご案内する想定損害金額以上の水準となる可能性もあります。
また満期時において、受取通貨が相対通貨となった場合には、「特約設定レート」で当初預け入れ元本が相対通貨に交換されることになります。したがって、「特約設定レート」により交換された相対通貨元本を預入通貨に換算した値と当初預け入れ元本との差が、満期時にお客さまに生じると想定される損失となります。

詳細はこちら
    • 満期日の2営業日前の実勢為替レートが特約設定レートより円高になった場合、予め定められた特約設定レートにて「外貨」に交換(為替手数料はかかりません)のうえ、外貨普通預金に入金となります(実勢為替レートで交換されません)。この場合、実勢為替レートで「外貨」に交換する場合と比べて不利な条件で交換されることとなります。
    • 満期時の元金が「外貨」でのお受け取りとなった場合、その後円転する際は、為替レートの変動により「外貨」に交換された円の元金を下回り、元本割れとなることがあります。また為替レートの変動がなかった場合でも、為替手数料(原則として1基本通貨単位あたり片道1円)を含む当行TTBレート(外貨から円貨への換算相場)が適用されるため、「外貨」に交換された円の元金を下回り、元本割れとなることがあります。
    • 満期日の2営業日前の実勢為替レートがお預け入れ時より円安になった場合でも、為替差益を得ることはできません。
    • 外貨現金のお引出しはできません。外貨建て送金には別途手数料がかかります。

必ずお読みください

新生パワーダイレクトインターネットバンキング

関連情報

仕組預金

よくあるご質問

パワード定期プラスについて

  • 利息は源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となります。税引後金利は、表示位未満がある場合は表示位未満切り捨てとなります。
  • 本商品は原則として中途解約できません。当行がやむを得ないものと認め、中途解約に応じる場合、中途解約に伴い発生する解約日から満期日までの本商品の再構築額およびそれに伴う費用を当行所定の計算により算出した金額を元本から差引いたうえで、預入通貨の普通預金に入金します。この場合、当初預入金額を下回り、預入通貨ベースで元本割れする可能性が高いです。一般的に、預入時の為替相場と比較して中途解約時の為替相場が預入通貨高になるほど、また経過期間が短いほど、再構築額は高くなります。計算方法については、商品説明書(契約締結前交付書面)をご確認ください。
  • 必ず余裕資金でお預け入れください。仮に預入時以降にまとまった資金が必要となった場合でも、この預金にお預け入れの資金を充当する必要がない程度の十分な流動性が確保されていることをご確認の上、お申し込みください。
  • 本商品は通貨オプションを内包しており、満期日の2営業日前の東京時間午後3時の実勢為替レートと特約設定レートの比較により、受取通貨を判定します。特約設定レートと比べて、実勢為替レートが預入通貨安または同値の場合は元金を満期日に預入通貨のまま、預入通貨高の場合は相対通貨にてお受け取りいただきます。元金を相対通貨でお受け取りの場合には、特約設定レートで相対通貨に交換され、満期日の実勢為替レートで交換されません。実勢為替レートより不利なレートにて交換されるため、相対通貨でお受け取りとなった以降為替変動がなかった場合でも、お受け取り金額は相対通貨に交換された預入通貨の元金を下回ります。また満期時の実勢為替レートが預入時の特約設定レートと同値か円安となった場合、円でのお受け取りとなりますので円安メリット(為替差益)を享受することはできません。
  • 外国為替市場の急激な変動があった場合やシステム障害等により、当行の提示する為替レートと実勢の為替レートが大きく異なる場合があります。お取引の際には、必ず適用される為替レートをご確認ください。
  • 当行所定の条件(金利・期間・特約設定レートの組み合わせ)をお選びいただけます。
  • 特約設定レートは、後日送付される「確認書」(契約締結時交付書面)でご確認いただけます。
  • 自動継続はありません。満期日に受取通貨の普通預金に入金となり、以降は当該通貨の店頭表示金利が適用されます。
  • 店頭での外貨現金のお取り扱いはしておりません。
  • 外貨送金には、別途送金手数料がかかります。
  • 本商品は預金保険の対象です。お客さまが当行にお預け入れの他の「一般預金等」と合算して、元本1,000万円までと保険事故発生日までの利息(ただし、保険事故発生により、本商品の利息の適用金利等については、既に支払い済みの利息を除いては、預入時に遡って、預入時における本商品の預入期間と同一の期間のパワーフレックス円定期預金の店頭表示金利(キャンペーン金利や金額・ステージ・販売チャネル等に応じた優遇金利を除きます)が適用されます)が保護されます。なお、満期時受取通貨が相対通貨(外貨)となり、元金が相対通貨(外貨)に交換のうえ、お客さまのパワーフレックス口座の相対通貨(外貨)普通預金に入金された場合には、預金保険の対象外となります。