「THEO+[テオプラス]新生銀行」に関するよくあるご質問

その他

  • 今後も(より)安心感のある投資商品の開発をお願いします。

    貴重なご意見ありがとうございます。THEOのコンセプトはお客さまの「資産保全」でございますので、今後もお客さまのご期待に添えるよう努力してまいります。

  • YahooファイナンスやモーニングスターのホームページでTHEOと入れて検索するとグロースやインカムやインフレのチャートが表示されますが、例えばグロースなら、この一種類のグロース・ファンドで運用されているのでしょうか?(3種類の投資信託を組み合わせている感じでしょうか?)

    Yahooファイナンスやモーニングスターのホームページで表示されるTHEOグロース・ファンド、THEOインカム・ファンド、THEOリアルアセット・ファンドについてはお金のデザイン社が個人型確定拠出年金iDeCo(サービス名:MYDC)向けに設定している投資信託です。一方「THEO+[テオプラス]新生銀行」は、個人個人と投資一任契約を締結し直接ETFを買い付けており、また投資金額等によってもポートフォリオの中身は異なってきますので、前述の投資信託とは別の物になります。

  • セミナーの中で「機関投資家向けの運用を個人向けに開発した」とのことですが、その真意についてもう少し掘り下げて聞きたいです。なぜ、個人向けなのでしょうか?

    お金のデザイン社が提供するロボアドバイザー「THEO+[テオプラス]新生銀行」は、いわゆる機関投資家と呼ばれるプロの投資家が享受している資産運用サービスと同水準の資産運用を、テクノロジーを駆使することで個人のお客さまにも提供することを主眼としています。お金のデザイン社は「人とお金の新しい関係を創る」というMissionを掲げ、最先端の高度な運用手法をスマホで簡単に始めやすくご提供できるよう、日々改善を図っています。

  • グッドデザイン賞を受賞したとのことですが、どのような点が評価されたのでしょうか?

    金融商品・資産運用という難しい概念をシンプルかつ綺麗に表現できている点であると認識しています。
    グッドデザイン賞をいただいた際の審査員のかたからは、「資産運用というわかりづらい概念を、デザインでシンプルに再構成している。ロボアドバイザーという分野自体は新しくないものの、先行事例と比べても質問項目などを削ぎ落とし、明快さを保つ工夫を随所に入れている。内部のインフォグラフィックやチャートなども、機能面と美的な側面のバランスがうまくとれている。フィンテックのモデルケースとして高く評価した。」とコメントいただきました。

「THEO+[テオプラス]新生銀行」について

  • 新生銀行は、お客さまと株式会社お金のデザインとの間で締結する投資一任契約の締結の媒介を行い、資産の運用は株式会社お金のデザインが行います。また、株式会社お金のデザインの提携金融機関に、お客さまご本人名義の証券口座を開設いただく必要があり、当該提携金融機関が「THEO+[テオプラス]新生銀行」に関する資産の管理を行います。
  • 株式会社お金のデザインの提携金融機関に開設されたお客さまご本人名義の証券口座におけるお取り引きにつきましては当該提携金融機関が定める取引約款等に従うものとし、新生銀行および株式会社お金のデザインは「THEO+[テオプラス]新生銀行」以外のお取引に関しては一切関知いたしません。
  • 主に海外の上場投資信託(ETF)で資産の運用を行うため、金融商品取引市場の相場の変動、為替相場の変動等により運用資産の時価評価額は大きく変動する可能性があります。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。運用による損益はすべてお客さまに帰属します。
  • 一連のサービスに対し、株式会社お金のデザインに投資一任報酬をお支払いただきます。投資一任運用報酬は運用資産の円貨換算時価残高に対して最大1.10%(税込・年率)を乗じた金額となります。また間接的にご負担いただく費用として組入ETFに係る運営管理費等がありますが、その合計額は銘柄、組入残高等によって異なりますので、事前に料率または上限額を表示することができません。
  • お客さまが株式会社お金のデザインの提携金融機関に開設した証券口座に関するお取り引きに関して、別途当該提携金融機関に対し当該提携金融機関が定める手数料・費用等が必要となる場合があります。詳細は株式会社お金のデザインの提携金融機関までお問い合わせください。
  • 「THEO+[テオプラス]新生銀行」は預金ではなく投資一任契約に基づくサービスのため、預金保険制度の対象ではありません。
  • 株式会社お金のデザインは、お客さまからお預かりしている資産を、会社固有の資産とは分別して管理する金融機関と提携しています。「THEO+[テオプラス]新生銀行」の証券口座を管理する提携金融機関は、投資者保護基金に加入しており、万が一分別管理に不備があった場合でも、日本投資者保護基金が1,000万円まで補償を行うことになっています。詳細は株式会社お金のデザインの提携金融機関までお問い合わせください。
  • 「THEO+[テオプラス]新生銀行」は投資一任契約に基づくサービスであるため、お客さま自身で個別の有価証券につき売買注文を行うことはできません。
  • お申し込みにあたっては株式会社お金のデザインがインターネットで提供する契約締結前交付書面等を必ずご確認いただき、各商品のリスクや手数料・費用等につき十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任でお申し込みください。
  • 法人のお客さまは、お申し込みいただけません。

株式会社お金のデザイン
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会