新生銀行

投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。詳しくはこちらをご確認ください。

外国籍投信の運用報告書(全体版)

以下の外国籍投資信託の運用報告書(全体版)の電子ファイルは、投資信託及び投資法人に関する法律等に基づき、外国籍投資信託の管理会社に代わって代行協会員がホームページに電磁的方法により閲覧に供するものです。
運用報告書(全体版)は、2014年12月1日以降に決算期末が到来するファンドから順次作成され、その電子ファイルは5年間掲載されます。

新生銀行が代行協会員となっている公募外国籍投資信託の運用報告書(全体版)の掲載は以下の通りです。

新生銀行で販売中または販売が終了した投資信託

ファンド名称 管理会社 運用報告書(全体版)
販売終了
世界スマート債券ファンド円投資型1306(愛称:賢人の采配)
BNYメロン・インターナショナル・マネジメント・リミテッド

2015年11月決算

2016年11月決算

2017年11月決算

2018年6月償還

販売終了
世界スマート債券ファンド円投資型1310(愛称:賢人の采配)
BNYメロン・インターナショナル・マネジメント・リミテッド

2015年11月決算

2016年11月決算

2017年11月決算

2018年10月償還

販売終了
GAMトレーディングⅡ・プロテクション・シリーズ・トラスト0903(豪ドル建)
GAMリミテッド

2014年12月決算

2015年12月決算

2016年12月決算

2017年12月決算・2018年3月償還

2018年3月償還報告書の訂正事項

販売終了
GAMトレーディングⅡ・プロテクション・シリーズ・トラスト0908(豪ドル建)
GAMリミテッド

2014年12月決算

2015年12月決算

2016年12月決算

2017年12月決算・2018年2月償還

販売終了
短期ハイイールド・ボンド・ファンド豪ドル建て(豪ドル買い予約付き)投資コース
ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.

2015年2月決算

2016年2月決算

2016年7月償還

販売終了
短期ハイイールド・ボンド・ファンド米ドル建て(豪ドル買い予約付き)投資コース
ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.

2015年2月決算

2016年2月決算

2016年7月償還

販売終了
短期ハイイールド・ボンド・ファンド豪ドル建て(豪ドル買い予約付き)投資コース 毎月分配型
ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.

2015年2月決算

2016年2月決算

2016年7月償還

販売終了
短期ハイイールド・ボンド・ファンド米ドル建て(豪ドル買い予約付き)投資コース 毎月分配型
ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.

2015年2月決算

2016年2月決算

2016年7月償還

販売終了
クリエイティブ・トラスト:リクソー分散型CTAファンド(米ドル建)
リクソー・アセット・マネジメント・エス・エイ・エス

2015年1月決算

2016年1月決算

2016年6月償還

新生銀行では販売していない投資信託

ファンド名称 管理会社 運用報告書(全体版)
南アフリカ・ランド・マネー・マーケット・ファンド(※1) UTIインターナショナル(シンガポール)プライベート・リミテッド

2016年3月決算

2017年3月決算

2018年3月決算

2019年3月決算

2020年3月決算

2021年3月決算

  1. 南アフリカ・ランド・マネー・マーケット・ファンドについては新生銀行では販売していないため、お取引されている販売会社にお問い合わせください。

投資信託一般について

  • 投資信託は、預金ではなく、元本保証および利回り保証のいずれもありません。
  • 投資信託は預金保険制度の対象ではありません。当行で販売する投資信託は、マネックス証券の証券総合取引口座でのお買い付けとなり、投資者保護基金の対象となります。
  • 投資信託は主に国内外の有価証券に投資しますので、組み入れられた株式・債券等の価格が、金利の変動や、外国為替相場の変動、その発行者に係る信用状況の変化、国内外の政治経済状況の変化などで変動し、基準価額(外国籍投資信託の場合は純資産価格)が下落することにより、投資元本を割り込むことがあります。
  • 外貨建て投資信託の場合、外貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により円換算ベースでは投資元本を割り込むことがあります。
  • 過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではなく、運用の利益および損失はすべて投資信託をご購入いただいたお客さまに帰属します。
  • 投資信託には以下の通りお客さまに直接、または間接的にご負担いただく手数料や費用があります。
    これらの手数料等の合計額については、ご購入ファンド、ご購入金額、その運用状況、お客さまがファンドを保有される期間等に応じて異なりますので、表示することができません。また、ファンドごとに手数料や費用は異なります。各ファンドの手数料・費用等の詳細は目論見書および目論見書補完書面でご確認ください。
  • 投資信託のご購入・換金にあたって円貨から外貨または外貨から円貨へ交換する場合には、上記手数料・費用のほか、当行またはマネックス証券の定める為替手数料がかかります。
  • 投資信託の換金(解約・買取)については、ファンドによってクローズド期間が設定されているものや特定日にしか換金の申し込みができないものがあるほか、換金までに相当の期間がかかることがあります。
  • 投資信託をお申し込みの際には、あらかじめ最新の目論見書および目論見書補完書面の内容を必ずご確認のうえ、お客さまご自身でご判断ください。
  • 目論見書および目論見書補完書面は、当行の店頭で入手いただけます。ただし、インターネット経由でお申し込みいただく場合はマネックス証券のウェブサイトにてご確認ください。
  • 投資信託の設定・運用は投資信託委託会社(外国籍投資信託の場合は管理会社)、信託財産の管理等は信託銀行が行います。
  • 当行はマネックス証券の委託を受け金融商品仲介を行うものであり、当行が取り扱う投資信託についていただいたお客さまのお申し込みは、委託金融商品取引業者であるマネックス証券に取り次ぎを行います。お取り引きにあたってはマネックス証券の証券総合取引口座の開設が必要になり、口座開設後の投資信託にかかるお取り引きについては、お客さまとマネックス証券とのお取り引きになります。なおマネックス証券の商品であっても、当行が取り扱いしていないファンドがあります。

お客さまの個人情報や取引関係情報は、マネックス証券と当行で共有します。なお当該情報については当行およびマネックス証券のそれぞれにおける個人情報の利用目的の範囲内で利用いたします。
当行において金融商品仲介でのお取り引きをされるか否かが、お客さまと当行との融資等他のお取り引きに影響を与えることはありません。また、当行での融資等のお取引内容が金融商品仲介でのお取り引きに影響を与えることはありません。
<委託金融商品取引業者について>
商号:マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

[2022年1月3日現在]

金融商品仲介(マネックス証券)口座の開設はこちら

マネックス証券口座の開設

金融商品仲介(マネックス証券)口座をお持ちの方

マネックス証券口座へログイン