外国為替証拠金取引(FX)は、少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引を行うことができ、大きな利益が期待できる反面、通貨の価格変動によっては大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は、差し入れた証拠金を上回り、不足金の差し入れが必要となる場合があります。お取引に際しては新生銀行FX契約締結前交付書面・新生銀行FX取引ルールを必ずご確認いただき、その内容をご理解のうえご自身の判断と責任において行ってください。詳しくはこちらをご確認ください。

2016年1月からの個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い、FX口座の開設手続きには個人番号のお届出が必要です。必要書類は下記リンクをご覧ください。

スプレッドとスワップポイント

  • 上記の表の「必要証拠金」は、レバレッジ25倍コース1,000通貨あたりの金額です。
  • 上記の表の「スプレッド」は1通貨単位あたりのスプレッド(pips)を表示しております。
  • 「スワップポイント」は10,000通貨あたりの金額です。

スワップカレンダー

2016年

2017年

  • スワップカレンダーはあくまでも予定であり、予告なく変更される場合もございます。

スプレッドについて【(例外あり)について】

通常時(※)は上記スプレッドでお取引いただいておりますが、国内外の金融市場休場日や平日早朝時など市場の流動性が低下している時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに震災などの天変地異や政変、または金融・経済関連の重大な出来事など、市場に大きな影響を与える突発的事象の発生時にはスプレッドが広がる場合があります。
また、広告表示の値は、実際の取引時のスプレッドを保証するものではなく、お客さまの約定結果による実質的なスプレッドが広告表示の値と合致しない場合があります。
特に、海外のクリスマス休暇や年末年始の期間はスプレッドが広がる可能性がありますので、ご注意ください。

ストリーミングやASストリーミング注文時におけるスリッページは、注文時に指定して設定することができます。

広告年月日:2017年8月1日

(※)測定期間:2017年6月1日〜2017年6月30日

スワップポイントとは

スワップポイントとは、通貨間の金利差調整分のことです。一般的に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、2通貨間の金利差分をスワップポイントとして受け取ることができます。
ただし、2通貨間の金利差が縮小するとスワップポイントの額は少なくなり、また、金利差が逆転するとスワップポイントの支払いが必要となります。
また、稀に一方の通貨において、価格が不安定な状況となった場合に、金利差を反映しない場合がありますので、ご注意ください。

スワップポイントの算出方法について

スワップポイントは、インターバンク内の取引にかかる受渡日が考慮されて付与する日数が決定します。お客さまが実際にポジションをお持ちの日数とは異なります。
スワップポイントは以下の方法で算出します。また、同じ通貨ペアの建玉がある場合、スワップポイントの計算は個々の建玉ごとに行います。

通貨ペア スワップポイントを受取りの場合 スワップポイントを支払いの場合
対円
通貨ペア
取引数量÷10,000×1万通貨単位あたりの受取スワップポイント=スワップの受取金額 (小数点第一位を切り捨て) 取引数量÷10,000×1万通貨単位あたりの支払スワップポイント=スワップの支払金額 (小数点第一位を切り上げ)
対円以外の
通貨ペア
(1)取引数量÷10,000×1万通貨単位あたりの受取スワップポイント=スワップの受取金額(外貨) (小数点第三位を切り捨て)
(2)スワップの受取金額(外貨)×外貨の対円レート終値(Bid) =スワップの受取金額(円) (小数点第一位を切り捨て)
(1)取引数量÷10,000×1万通貨単位あたりの支払スワップポイント=スワップの支払金額(外貨) (小数点第三位を切り上げ)
(2)スワップの支払金額(外貨)×外貨の対円レート終値(Ask)=スワップの支払金額(円) (小数点第一位を切り上げ)

スワップポイントの付与タイミングについて

スワップポイントの付与タイミングについては、各営業日の終了時(メンテナンスに入る時間)となります。メンテナンス時間に入った時点でポジションを保有していた場合、メンテナンス時間終了後、保有ポジションにスワップポイントが付与されます。なお当行のシステムにおいては、スワップポイントは純資産には毎営業日反映されますが、お客さまのお預かり口座で実際に受渡されるのは発生日の翌営業日の時点となっています。

新生総合口座パワーフレックスをお持ちでないお客さま

新生銀行FX口座をお申し込みいただくためには、あわせて新生総合口座パワーフレックスをお申し込みいただく必要があります。

既に新生総合口座パワーフレックスをお持ちのお客さま

お申し込みから口座開設完了までの流れ


SETP1

PDにログインしてお申し込み

新生パワーダイレクトにログイン後、FX申込画面から「重要事項の確認」「口座開設に必要な書類の交付・確認」「開設にあたってのお伺い」「外国為替証拠金取引に関する確認」を行っていただきます。

ログイン後の申込み画面イメージはこちらをご参照ください。


SETP2

書類の記入・返送

必要事項をご記入のうえ、同封した返信封筒にて当行にご返信ください。

お申し込みが完了しますと当行より「マイナンバー登録に関する書類」「FX口座登録に関する書類」をご送付します。

  • お届けまで一週間ほどかかります
  • お急ぎの方はこちらからお手続き書類をダウンロード・印刷いただくことも可能です。

パワーダイレクトで新生銀行FX口座をお申し込みいただいた後こちらのご案内に従って手続きに必要な書類を当行にお送りください。


完了

口座開設完了

当行にて開設登録が完了いたしますと、お取引が可能となります。

  • お取引が可能となりましたらEメールにてご案内いたします。

お申し込み画面(新生パワーダイレクト)のご案内

STEP 1:外国為替証拠金取引(FX)へアクセス

新生総合口座パワーフレックスの開設後、パワーダイレクトにログインいただき、FX口座の開設手続きをお願いいたします。

操作手順

パワーダイレクトログイン>資産運用メニュー>外国為替証拠金取引(FX)にアクセスしていただき、FX口座開設手続きを進めてください。

「外国為替証拠金取引(FX)へアクセス」の画面イメージ開く

「外国為替証拠金取引(FX)へアクセス」の画面イメージ

  • 新生銀行FX口座の開設はPCよりパワーダイレクトにログインいただく必要がございます。
    スマートフォン用ウェブサイトからログインされた場合は、新生銀行FX口座開設メニューが表示されませんので、ご注意ください。

STEP 2:リスク等重要事項のご説明

リスク等重要事項のご説明をご確認いただき、「次へ」をクリックしてください。

「リスク等重要事項のご説明」の画面イメージ開く

「リスク等重要事項のご説明」の画面イメージ

STEP 3:FX口座開設にあたってのお伺い・重要事項の確認

FX口座開設にあたってお客さまのご投資の目的、ご投資経験や財産の状況等を確認させていただく必要がございます。
続いてFX口座開設に必要な確認事項をお伺いさせていただきます。

  • ご入力いただいた内容と外国為替証拠金取引(FX)の商品性を考慮し、お客さま保護の観点からFX口座開設をお勧めできないと判断する場合がございます。

「お客さまの投資目的、投資経験や財産の状況などの登録・変更」の画面イメージ開く

「お客さまの投資目的、投資経験や財産の状況などの登録・変更」の画面イメージ

外国為替証拠金取引に係る約款・交付書面の内容をよくお読みいただき、十分ご理解の上、ご同意いただけましたら、各チェックボックスにチェックをいれてください。全てのチェックボックスにチェックが入っていることをご確認の上、「次へ」ボタンをクリックしてください。

「約款・交付書面等のご確認」の画面イメージ開く

「約款・交付書面等のご確認」の画面イメージ

外国為替証拠金取引の内容およびリスクについて、以下の質問に「はい」もしくは「いいえ」でご回答ください。
全ての質問に回答していることをご確認の上、「FX口座開設を申込む」ボタンをクリックしてください。

「外国為替証拠金取引に関する確認書」の画面イメージ開く

「外国為替証拠金取引に関する確認書」の画面イメージ