投資信託
投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

投資積立

少額からコツコツ 購入タイミングを分散 投資先の分散も積立で! 投信積立
少額からコツコツ 購入タイミングを分散 投資先の分散も積立で! 投信積立

お客さまがお選びになった投資信託を、毎月決まった日に一定額、自動引落しで購入していく便利な積立サービスです。少額から将来に備えた資産づくりにご活用いただけるほか、投資信託を始めてみようとお考えの方や、購入するタイミングが難しいと、お悩みの方にもオススメです。
積立対象ファンドは、ファンドラインナップで積立アイコンがあるファンドです。

ファンドラインナップはこちら

新生ステップアッププログラムがもっと身近に!

投信積立をはじめるには

設定方法

投信積立のはじめ方をご紹介します。
積立金額の変更、積立、終了の手続き方法もご確認いただけます。

投信積立は、店頭および新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)にてお申し込みいただけます。
積立の終了や積立金額変更のお手続きは新生パワーダイレクト(パソコン・スマートフォン)・コールセンター*にてお手続きいただきますようお願いします。

*0120-456-007 受付時間:平日8時〜20時まで ※土日・祝日は各種照会サービスのみ。
コールセンターでは新しい積立のお申し込みはできません。

設定ガイド

【投信積立のメリットを解説】時間を分散した投資「ドルコスト平均法」のメリット

投資信託や外貨預金を申し込む上で有効な投資手法といわれているのが「ドルコスト平均法」です。投資信託や外貨預金は、値上がり、値下がり/円高、円安といった値動きがありますが、毎月一定額の積立にすることで、購入単価を平準化することができます・・・(1)。また、毎月「一定額」ずつ購入することで、平均取得価額を引き下げる効果があります・・・(2)。

下記の図は、投信積立を申し込んだ場合のドルコスト平均法のイメージ図になります。

(1)定期的に投資信託を購入する事で、基準価額の上昇下落があっても、購入単価を平準化できます。

(1)イメージ図

(2)基準価額が高いときは口数を少なく、安いときは口数を多く購入できるので、平均取得価額を引き下げることができます。

(2)イメージ図
  • 上記は手数料を考慮しておりません。
  • 上記はあくまでもイメージ図であり、実際の投資信託の動きとは異なります。
  • ドルコスト平均法は投資信託の基準価額の下落リスクを低減するものではありません。

投信積立はじめてみようかな。

ファンド選びのお役立ち情報

ランキング

運用成績の良いファンドや人気のあるファンドがわかります。

投資信託は、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。またお申し込み・保有・解約に当たっては所定の費用がかかります。なお、個別商品にかかるリスクや各種手数料については、必ず各商品の詳細ページまたは目論見書(目論見書補完書面を含みます)にてご確認ください。
目論見書(目論見書補完書面を含みます)は、インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)にてご確認いただけます。

投信口座開設資料請求

新生銀行総合口座をお持ちのかた

投資信託口座開設

新生銀行は、運用デビューを応援します!最大2万ポイントプレゼント!

投信口座をお持ちのかた

NISA口座開設

NISA口座乗換え

NISA口座のご利用なら、「NISAプラス」でおトク!投信申込手数料が0円に!

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内