投資信託

投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

作成:2012年1月/インタビュー実施日:2011年12月1日

【特集】再点検!ブラジル(為替・株式)

2011年の後半に、ブラジルは成長率を下方修正。通貨レアルや株式市場も大幅な調整を強いられました。
はたしてブラジルは2012年に再び輝きを取り戻すことができるか?ブラジルに投資する投資信託などの資産は、まだ持っていて大丈夫なのか?はたまた買いのチャンスなのか?
みなさまが感じている不安や疑問を専門家に聞きました。

専門家コメント

「レアルはやや売られ過ぎの水準に」(為替) レッグ・メイソン・アセット・マネジメント 企画本部 兼 投信営業部 桑畑卓 氏

「企業収益は好調を持続」(株式) HSBC投信 投信営業部 小日向いづき 氏

「エマージング債券は堅調推移」(為替) 大和住銀投信投資顧問 投信サービス部 石川真由美 氏

大和住銀投信投資顧問 石川真由美 氏 への質問と回答一覧

本稿はレッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社、HSBC投信株式会社、大和住銀投信投資顧問株式会社のコメントを参考に制作したもので、新生銀行が特定の金融商品の売買を勧誘・推奨するものではありません。本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場観等を示唆するものではありません。投資される際は、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。

投資信託は、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。またお申し込み・保有・解約に当たっては所定の費用がかかります。なお、個別商品にかかるリスクや各種手数料については、必ず各商品の詳細ページまたは目論見書(目論見書補完書面を含みます)にてご確認ください。
目論見書(目論見書補完書面を含みます)は、インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)にてご確認いただけます。

質問1:2011年後半から基準価格の値下がりが目立ちますが、この下落要因は何ですか?

エマージング・ボンド・ファンド・ブラジルレアルコース(毎月分配型) の基準価額の下落は、主にエマージング債券の価格および各通コースの為替相場の下落が影響しています。

2011年9月に欧州債務問題を背景に大きく値下がりしたエマージング債券は、2011年10月には急回復。その後は、欧州債務問題が一進一退を続ける中、リスク回避的な動きに左右される状況が続いています。またブラジルレアルや豪ドルなどの新興国や高金利通貨も同様に、市場のリスク回避的な動きに乱高下する動きとなりました。

質問一覧へ戻る

質問2:このところの円高・ブラジルレアル安の背景は何でしょうか?

2011年8月にブラジル中央銀行が予想外の政策金利の引き下げを行ったことをきっかけに、レアルは下落に転じました。2011年9月にも大きく下落したレアルは2011年10月には一旦落ち着きを取り戻したように見えましたが、2011年11月に入り欧州債務問題が拡大するに従って再び下落に転じました。欧州債務問題が一進一退を続ける中レアル相場はリスク回避的な動きに左右され、乱高下している状況です。

またブラジル中央銀行は物価よりも経済を優先して2011年8月以降3回連続して利下げを行ったものの、引き続きもう一段の利下げが実施されるとの観測が根強く、レアルの押し下げ要因となっています。

質問一覧へ戻る

質問3:ブラジルの経済状況には問題ないのでしょうか?また、今後のブラジル経済の見通しはどのようなものでしょうか?

ブラジル中央銀行は2011年8月以降連続して利下げを行っていますが、今後も国内インフレ圧力と世界景気の動向をにらみつつ金融政策が行われると考えられます。また、2011年12月にはブラジル政府が減税中心の景気対策を打ち出しました。これらの政策が、現在はやや減速しているブラジル経済を下支えると期待できます。

質問一覧へ戻る

質問4:ブラジルレアル好転のきっかけは、どこにあるのでしょうか?

外部要因と内部要因の2つが考えられます。

外部要因としては、欧州債務問題の落ち着きです。市場のリスク回避が緩和されれば、レアルなどの高金利、新興国通貨にも資金が戻りやすくなると考えられます。

また内部要因では、ブラジル国内の政策です。ブラジル中央銀行は今後も追加利下げを模索する可能性は高い状況の中、国内のインフレ圧力は依然高く、世界景気の動向をにらんで難しい政策運営を迫られています。しかし、ブラジルレアルは依然新興国の中でも金利が高いことに加え、資源国であるため、相対的に資金が集まりやすい状況はつづくものと思われます。

質問一覧へ戻る

質問5:下落したときは押し目買いをした方がよいのでしょうか?

あくまでも市場環境の話ですが、当ファンドが投資しているエマージング債券は中長期的に堅調に推移しています。エマージング諸国のファンダメンタルズと経済成長力は全般的に良好で、今後もエマージング債券市場への資金流入が市場を下支えすると考えております。

また、当ファンドは、7つの通貨コースからどの通貨コースをご選択されるのかお客さまにご判断いただいておりますが、当社レポート等をご参考に最終的な投資判断はお客さまご自身の判断にお願いしたく存じます。

質問一覧へ戻る

質問6:保有者はどうしたらよいのでしょうか?(現在ファンドをお持ちのお客さまへのコメント)

何か判断に迷ったら、新生銀行のスタッフにご相談してみてください。またセミナーにご参加いただくのもよいのではないでしょうか。

弊社としても投資家の皆さまへ、随時市況をお伝えするレポートを提供しており、新生銀行のホームページあるいは当社のホームページに掲載しておりますので、是非そちらをご覧いただき、ご活用いただければと思います。

質問一覧へ戻る

質問7:そのほか、是非、ファンドを保有しているお客さまにお伝えしたいこと

2つお伝えしたいことがあります。

1つ目は「先進国と新興国の信用力の格差は益々縮小していく」ことが期待できることです。日本・アメリカ・ヨーロッパを始めとした先進国の財政懸念が高まっておりますが、多くの新興国ではこの先も底堅い「財政改善」と「経済成長」が見込まれています。先進国の債務割合は足元でGDP比100%を既に越えており、更なる悪化も考えられる一方で、新興国の債務割合はGDP比で40%を下回っており、今後も改善傾向が予想されています。

2つ目にリスク/リターンで見た優位性もお伝えしたいポイントです。エマージング債券への投資と言いますと、リスクが高い?と心配される方もいらっしゃるかも知れませんが、過去の値動きを見るとその他の運用資産にくらべて、相対的にリスクの低い、しかし高いリターンを狙える資産となっています。
以上からエマージング債券への投資は、皆様の中長期的な資産設計にお役立て頂けるのではないかと考えております。


通貨選択型ファンドをご購入される際には、当ページに記載された「ファンドの特色」や、<リターンの源泉となる3つの要素>に記載されている「為替ヘッジ取引にまつわる注意事項」などで商品概要やリスクについて十分ご確認の上、お申込みください。

関連情報

  • ※本資料は信頼できると思われる情報に基づいて新生銀行が作成しておりますが、情報の正確性、完全性が保証されているものではありません。
  • ※本資料は情報提供を目的としたものです。
  • ※投資判断に際しては、必ず目論見書(目論見書補完書面を含みます)をご確認ください。
  • ※本資料のいかなる内容も資料作成時点のものであり、予告なく変更する場合があります。
  • ※本資料のいかなる内容も、将来の投資利益を示唆あるいは保証するものではありません。

投信口座開設資料請求

新生銀行総合口座をお持ちのかた

投資信託口座開設

新生銀行は、運用デビューを応援します!最大2万ポイントプレゼント!

投信口座をお持ちのかた

NISA口座開設

NISA口座乗換え

NISA口座のご利用なら、「NISAプラス」でおトク!投信申込手数料が0円に!

ファンドを選ぶ・探す

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内