投資信託

投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。 詳しくはこちらをご確認ください。

ノーロード、増えました!日経平均などのインデックスシリーズに、新たに米国ハイ・イールド債券の2ファンドが登場!Funds-iシリーズ

制作:2014年5月/更新:2016年7月

ノーロードファンドを活用して新生ゴールドに!

  • 新生ゴールドならインターネットによる他行振込手数料が月5回無料
  • ノーロードファンドの月間平均残高30万円以上 または 月々5千円からの積立で! 詳しい条件はこちら
特集 ノーロード、増えました!日経平均などのインデックスシリーズに、新たに米国ハイ・イールド債券の2ファンドが登場!Funds-iシリーズ

販売:新生銀行設定・運用:野村アセットマネジメント

野村インデックスファンドFunds-iのポイント

ポイント1

全ファンドお申込手数料無料

ポイント2

低めに設定された運用管理費用(信託報酬)

ポイント3

シンプルかつ充実した商品ラインナップから選べる

シンプル・低コスト Funds-i シリーズは
積立・NISAにもおすすめです!

野村インデックスファンドFunds-iの多彩なラインナップ

各ファンドをクリックすると詳細ページへリンクします。

 
国内
外国
新興国

株式

野村インデックスファンド・日経225(愛称:Funds-i 日経225)

野村インデックスファンド・TOPIX(愛称:Funds-i TOPIX)

野村インデックスファンド・JPX 日経400(愛称:Funds-i JPX 日経400)

野村インデックスファンド・外国株式(愛称:Funds-i 外国株式)

野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型)

野村インデックスファンド・新興国株式(愛称:Funds-i 新興国株式)

債券

野村インデックスファンド・国内債券(愛称:Funds-i 国内債券)

野村インデックスファンド・外国債券(愛称:Funds-i 外国債券)

野村インデックスファンド・外国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 外国債券・為替ヘッジ型)

野村インデックスファンド・新興国債券(愛称:Funds-i 新興国債券)

野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型)

REIT

野村インデックスファンド・J-REIT(愛称:Funds-i J-REIT)

野村インデックスファンド・外国REIT(愛称:Funds-i 外国REIT)

野村インデックスファンド・外国REIT・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 外国REIT・為替ヘッジ型)

(注)各カテゴリーの上段は
ファンド名、下段は愛称を表します。

バランス

野村インデックスファンド・海外5資産バランス(愛称:Funds-i 海外5資産バランス)

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型)

+

フォーカス

 

野村インデックスファンド・米国ハイ・イールド債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-iフォーカス米国ハイ・イールド債券・為替ヘッジ型)

野村インデックスファンド・米国ハイ・イールド債券(愛称:Funds-iフォーカス米国ハイ・イールド債券)

運用担当者へのインタビュー掲載中!詳しくはこちら

株式×国内

野村インデックスファンド・日経225(愛称:Funds-i 日経225)

野村インデックスファンド・TOPIX(愛称:Funds-i TOPIX)

野村インデックスファンド・JPX 日経400(愛称:Funds-i JPX 日経400)

株式×外国

野村インデックスファンド・外国株式(愛称:Funds-i 外国株式)

野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型)

株式×新興国

野村インデックスファンド・新興国株式(愛称:Funds-i 新興国株式)

債券×国内

野村インデックスファンド・国内債券(愛称:Funds-i 国内債券)

債券×外国

野村インデックスファンド・外国債券(愛称:Funds-i 外国債券)

野村インデックスファンド・外国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 外国債券・為替ヘッジ型)

債券×新興国

野村インデックスファンド・新興国債券(愛称:Funds-i 新興国債券)

野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型)

REIT×国内

野村インデックスファンド・J-REIT(愛称:Funds-i J-REIT)

REIT×外国

野村インデックスファンド・外国REIT(愛称:Funds-i 外国REIT)

野村インデックスファンド・外国REIT・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 外国REIT・為替ヘッジ型)

バランス×外国×新興国

野村インデックスファンド・海外5資産バランス(愛称:Funds-i 海外5資産バランス)

バランス×国内×外国×新興国

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型)

フォーカス×外国

野村インデックスファンド・米国ハイ・イールド債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-iフォーカス米国ハイ・イールド債券・為替ヘッジ型)

野村インデックスファンド・米国ハイ・イールド債券(愛称:Funds-iフォーカス米国ハイ・イールド債券)

運用担当者へのインタビュー掲載中!
詳しくはこちら

Funds-iランキング

リターン(1年)

2016年7月13日基準

順位 ファンド名
(愛称)
リターン
(1年)
1位 Funds-i 外国REIT・為替ヘッジ型 +15.3%
2位 Funds-i J-REIT +12.7%
3位 Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型 +11.9%
4位 Funds-i 国内債券 +8.0%
5位 Funds-i 外国債券・為替ヘッジ型 +6.7%

さらに期間別(6ヵ月・1年・3年)に全16ファンドのリターンのランキングを確認する

販売件数

期間:2016年6月1日〜2016年6月30日

野村インデックスファンドFunds-iシリーズ16ファンドの2016年7月13日までの直近1年における運用実績上位を示したもの、および2016年6月の新生銀行における販売件数の上位を示したものであり新生銀行が特定の投資信託の購入を推奨したり将来の運用成果を保証するものではありません。リターンの各数値は、信託報酬控除後で計算した過去の実績です。

  • 出所:野村アセットマネジメントのデータをもとに新生銀行作成
  • 上記実績は過去のものであり、将来の運用実績を保証するものではありません。

Funds-iシリーズに新ファンド
「Funds-iフォーカス米国ハイ・イールド債券」が登場!

「これからどうなるの?」などFunds-iに新たに追加された「フォーカス」について解説します!

野村インデックスファンドシリーズに新たに追加された、2ファンドの運用の中身や気になる

「これからどうなるの?」

に回答をいただきました。

ぜひ運用会社担当者の生の声を参考にしてみてください!

Q1Funds-iシリーズに米国ハイ・イールド債券が加わりましたが、ハイ・イールド債券はどのような資産ですか。

A

ハイ・イールド債券(高利回り債券)は、一般的に格付けの低い社債で、格付け機関によってBB格相当以下の格付けが付与されています。格付け(信用力)が低い分、上乗せ金利があり、利回りは相対的に高くなります。

国債との利回り比較(課税前)
  • 日本10年国債(円建て)、米国10年国債(米ドル建て)、オーストラリア10年国債(オーストラリアドル建て):ブルームバーグ・ジェネリック10年国債、新興国国債(米ドル建て):JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・グローバル、米国ハイ・イールド債券:バークレイズ米国ハイイールド社債高流動性インデックス
  • 出所:バークレイズ、Bloombergのデータに基づき野村アセットマネジメント作成

日本では、ハイ・イールド債券に馴染みのない方も多いかもしれませんが、世界的にみても、米国最大のカリフォルニア州公的年金基金等、公的年金がハイ・イールド債券に投資することは珍しくなく、長期投資家が保有するコア資産としても注目されています。

Q2一般的に債券は金利上昇局面で価格が下落しますが、今から米国ハイ・イールド債券に投資しても大丈夫でしょうか。

A

過去の利上げ局面において、米国ハイ・イールド債券が大きく下落することはありませんでした。ハイ・イールド債券は高格付債券と異なり、企業の業績や財務の改善が見込まれる景気回復期に、価格が上昇する傾向があります。米国経済は先進国の中でも高い経済成長率が予想されていますので、今後、価格の上昇が期待できます。

一方、景気後退期は価格が下落する傾向にありますが、ハイ・イールド債券の高い利回りは、価格下落局面においてもパフォーマンスの下支えになります(下図参照)。なお、2004年以降、価格下落局面は7年ありましたが、利子収入を合わせるとパフォーマンスがマイナスになったのは、2008年と2015年の2年のみです。

米国ハイ・イールド債券のパフォーマンスの内訳(米ドル建て)
  • 上記の「パフォーマンスの内訳」は「利子収入(累積、課税前)」と「価格変動(累積)」からなり、「パフォーマンス」の変動要因を示したものです。各内訳は、利子収入と価格変動に分解し、それぞれを月次ベースで累積したものです。複数期間の「パフォーマンスの内訳」を累積する過程で差異が生じる為、「利子収入(累積、課税前)」と「価格変動(累積)」を足し合わせたものは、「パフォーマンス」にはなりません。
  • 出所:バークレイズのデータに基づき野村アセットマネジメント作成

Q3例えば今保有している世界REITと併せ持つとどうなるでしょう。

A

2つの資産を併せ持つことで、リスクを抑え、分散効果が期待できます。過去実績をベースにリスク・リターンで見ると、世界REIT:米国HY:=4:6で保有頂くのが、最も効率的な組み合わせとなります。つまり、世界REITをお持ちの場合、ポートフォリオの60%程度までの保有をピークに、米国ハイ・イールド債券を少しずつでも保有頂くことで、リスクを抑えられ、ポートフォリオの分散効果を働かせることが出来ます。

他の資産との相関
  • 米国HY:バークレイズ米国ハイイールド社債高流動性インデックス(米ドルベース)
    米国REIT:S&P米国REIT指数
    期間:1993年12月末〜2016年6月末
  • 出所:バークレイズ、Bloombergのデータに基づき野村アセットマネジメント作成

Q4ハイ・イールド債券投資で気を付けることはありますか。

A

まずは、一般的な債券同様、デフォルト(債券の利払い及び元本返済の不履行)には注意が必要です。リーマンショックなど信用環境が悪化する局面では、デフォルト率が上昇しました。足元では、原油価格下落に伴い、エネルギー・セクターのデフォルト率がやや上昇していますが、過去のITバブル崩壊やリーマンショックに比べると低位です。

つぎに、他の債券と比べると、投資環境の影響を受けやすいという傾向があります。
たとえば、2015年半ば以降、原油価格の下落に伴い、エネルギー・セクターが下落していましたが、2016年2月後半からの原油価格の反転に伴い、エネルギー・セクターも大きく反発しています。

米国ハイ・イールド債券のデフォルト率推移
  • デフォルト率:過去12ヵ月間のデフォルト銘柄の発行残高を基に算出されています
  • 出所:JPモルガンのデータに基づき野村アセットマネジメント作成

<指数の著作権等について>

■S&P先進国REIT指数
「S&P先進国REIT指数」はスタンダード&プアーズ ファイナンシャル サービシーズ エル エル シーの所有する登録商標であり、野村アセットマネジメントに対して利用許諾が与えられています。スタンダード&プアーズは本商品を推奨・支持・販売・促進等するものではなく、また本商品に対する投資適格性等に関しいかなる意思表明等を行なうものではありません。
■バークレイズ米国ハイイールド社債高流動性インデックス
バークレイズ米国ハイイールド社債高流動性インデックスは、バークレイズ・バンク・ピーエルシーおよび関連会社(バークレイズ)が開発、算出、公表をおこなうインデックスであり、米ドル建て高流動性ハイイールド社債市場のパフォーマンスをあらわします。当該インデックスに関する知的財産権およびその他の一切の権利はバークレイズに帰属します。

野村アセットマネジメントが提供するお役立ちコンテンツ!
(提供:野村アセットマネジメント) 各コンテンツは野村アセットマネジメントのサイトへ移動します。

野村インデックスファンドシリーズ Funds-i

Funds-iの専用サイト!基準価額一覧や基礎知識、用語解説などお役立ちコンテンツ満載! 詳しくはこちら

インデックスファンド活用術

ファイナンシャル・プランナーなどのエキスパートに訊く!「インデックスファンド使いこなし術」や、知っておきたいポイントをわかりやすく説明した「インデックスファンド入門」を公開中!
初級者から、上級者向けもコンテンツ充実!

詳しくはこちら

つみたてシミュレーション

わかりやすいシミュレーション公開中!
毎月一定額を積み立てていたらいくらになるか、
簡単に計算することができます。

詳しくはこちら

ファンド選びに迷ったら「投信アシスト」
新生銀行に口座をお持ちでない方

口座開設

口座のご案内

口座をお持ちの方

お取引はこちら(ログイン

当ファンドの主なリスク

各ファンドは、株式、債券およびREIT(不動産投資信託証券)等を実質的な投資対象としますので、組入株式の価格下落、金利変動等による組入債券の価格下落、組入REITの価格下落や、組入株式の発行会社、組入債券の発行体および組入REITの倒産や財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落することがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動により基準価額が下落することがあります。したがって投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失が生じることがあります。なお、投資信託は預貯金と異なります。

投資信託は、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。またお申し込み・保有・解約に当たっては所定の費用がかかります。なお、個別商品にかかるリスクや各種手数料については、必ず各商品の詳細ページまたは目論見書(目論見書補完書面を含みます)にてご確認ください。 目論見書(目論見書補完書面を含みます)は、インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)にてご確認いただけます。

投信口座開設資料請求

新生銀行総合口座をお持ちのかた

投資信託口座開設

新生銀行は、運用デビューを応援します!最大2万ポイントプレゼント!

投信口座をお持ちのかた

NISA口座開設

NISA口座乗換え

NISA口座のご利用なら、「NISAプラス」でおトク!投信申込手数料が0円に!

ファンドを選ぶ・探す

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内

新プログラム「NISAプラス」登場!非課税枠を超えた分も申込手数料無料!