用語集

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは、一度にまとめて買付を行うのではなく、例えば毎月1回など定期的に継続して、毎回同じ商品・銘柄の一定額の買付を行う投資法のことです。例えば、定期的に毎回一定額の資金で積立投資を行う時はドルコスト平均法を行っていることになります。定期的に一定額で投資を行うことのメリットには、例えば、ある投資信託の口数を、基準価額が低いときには多く買うことができ、基準価額が高いときには少なく買うことになること等です。これにより、マーケット動向によってはありうる、高値でまとめて全額投資することを防ぐことができます。投資信託では「投信積立」など、長期的な資産形成に有効な方法として活用されています。

用語集一覧へ戻る

投信口座開設資料請求

新生銀行総合口座をお持ちのかた

投資信託口座開設

新生銀行は、運用デビューを応援します!最大2万ポイントプレゼント!

投信口座をお持ちのかた

NISA口座開設

NISA口座乗換え

NISA口座のご利用なら、「NISAプラス」でおトク!投信申込手数料が0円に!

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内