投資信託

投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。 詳しくはこちらをご確認ください。

2018年7月26日取扱開始 日本株ファンド特集

制作:2018年7月

もはや人間には不可能!? 2,600万件以上のニュース記事から市場心理を分析!?

2018年7月26日よりインターネット専用の国内株式ファンド3ファンドの新規取り扱いを開始いたしました!各ファンドの注目ポイントをご紹介します。

ピックアップファンド

MHAM新興成長株オープン(愛称:J-フロンティア)

設定・運用:アセットマネジメントOne株式会社

当ファンドの特徴

国内の株式の中から高成長が期待できる新興企業の株式を中心に投資を行います。
主要投資対象は日本の株式ですが、NASDAQなど主要先進国の新興企業向け市場の株式を中心に、外貨建資産への投資を行う可能性があります。東証株価指数(TOPIX)をベンチマークとして、中・長期的にベンチマークを上回る運用成果を目指します。

注目ポイント

継続的に400程度の投資テーマのフォローに努め、成長初期段階での投資を目指す

得意分野への経営資源の集中、市場ニーズへの素早い対応等による業績の拡大とともに、時価総額が増加する傾向にある新興成長企業(ベンチャー企業等)を発掘し、成長の初期段階での投資を目指します。 独自の分析で投資テーマを細かく分類し継続的に400程度の投資テーマのフォローに努め、また経営層との面談などを通して企業の見極めに努めています。

大きな成長が期待できる将来有望な若い企業を発掘し、成長の初期段階での投資を目指しています。

時価総額のイメージ 企業の成長イメージ
  • 上記はイメージであり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、すべての企業が上記のように成長するわけではなく、期待に反して企業価値が低下していくこともあります。

(出所:アセットマネジメントOne株式会社提供のデータをもとに新生銀行作成)

主なリスク等

当ファンドは、値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクもあります)に投資しますので、ファンドの基準価額は変動します。これらの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

手数料/費用等

ジャパン・ロボティクス株式ファンド

設定・運用:日興アセットマネジメント株式会社

当ファンドの特徴

主として、国内の金融商品取引所に上場されているロボティクス関連企業の株式(これに準ずるものを含みます)に投資を行い、中長期的な信託財産の成長をめざして運用を行います。

注目ポイント

急速な拡大が期待されるロボティクス関連市場へ投資

今後の成長が期待されるロボティクス関連企業の株式を中心に投資を行なうことにより、中長期的な信託財産の成長をめざします。産業用やサービス用などのロボットを製作する企業のみならず、ロボット関連技術であるAI(人工知能)やセンサーなどの開発に携わる企業や、ロボティクス関連技術を活用する企業にも投資を行います。

【日本のロボット市場規模(国内生産量)の予想】

(2015年予想〜2035年予想)

【日本のロボット市場規模(国内生産量)の予想】 (2015年予想〜2035年予想)

(出所:日興アセットマネジメント提供のデータをもとに新生銀行作成)

  • 上記は過去のデータおよび一時点における予測値であり、将来の結果を示唆または保証するものではありません。経済、市場等に関する予測は高い不確実性を伴うものであり、結果は上記と大きく異なる場合があります。

主なリスク等

当ファンドは、主に株式を実質的な投資対象としますので、株式の価格の下落や、株式の発行体の財務状況や業績の悪化などの影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替の変動により損失を被ることがあります。

手数料/費用等

三井住友・げんきシニアライフ・オープン

設定・運用:三井住友アセットマネジメント株式会社

当ファンドの特徴

主として日本の取引所上場株式を中心に投資します。高齢化社会が生み出す新ビジネス、新技術あるいは様々なニーズ等をシルバ−ビジネスとしてとらえ、こうした分野に注目して事業を展開していく企業の株式を中心に投資し、信託財産の成長を目指します。

注目ポイント

アクティブシニア関連・ヘルスケア関連の2つのポイントに着目

今後の成長が期待される「元気で健康な高齢者」と「介護」に関するシルバービジネスの分野に投資を行うファンドです。1つ目は元気で若々しいアクティブシニア関連ビジネスへの投資です。アクティブシニアのレジャー、外食、スポーツ、健康商品、不動産・金融商品等への支出に着目しています。
もう1つはヘルスケア関連ビジネスへの投資です。ヘルスケア関連のマーケットの拡大は世界的にも大きく注目されています。また、65歳以上の人口増加とともに医療費は増加しており、ヘルスケア関連ビジネスは成長分野といえます。

アクティブシニア関連 元気で健康な高齢者関連ビジネス

元気なシニアを対象としたビジネス

レジャー、スポーツ関連

外食、健康維持商品関連

不動産・金融サービス関連

レルスケア関連 介護関連ビジネス

介護や支援が必要なシニアを対象とした
ビジネス

介護施設・用品、サービス関連

医療機関、医薬品関連

(出所:三井住友アセットマネジメント株式会社提供のデータをもとに新生銀行作成)

主なリスク等

主に日本の株式を投資対象としています。ファンドの基準価額は、組み入れた株式の値動き、当該発行者の経営・財務状況の変化等の影響により上下します。基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

手数料/費用等

  • 本資料は信頼できると思われる情報に基づいて新生銀行が作成しておりますが、情報の正確性、完全性が保証されているものではありません。
  • 本資料は情報提供を目的としたものです。
  • 投資判断に際しては、必ず目論見書(目論見書補完書面を含みます)をご確認ください。
  • 本資料のいかなる内容も資料作成時点のものであり、予告なく変更する場合があります。
  • 本資料のいかなる内容も、将来の投資利益を示唆あるいは保証するものではありません。
  • 上記に記載の「MHAM新興成長株オープン(愛称:J-フロンティア)」ファンドは、お客さまのリスク許容度5のお客さまに、「ジャパン・ロボティクス株式ファンド」ファンドは、お客さまのリスク許容度4〜5のお客さまに、「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」ファンドは、お客さまのリスク許容度4〜5のお客さまにおすすめできるファンドです。お客さまのリスク許容度と適合しない場合があります。ご購入の際にはお客さまのリスク許容度を確認させていただきますので、その結果のリスク許容度次第ではご購入いただけない場合があることをご了承ください。
  • 新生銀行で取り扱いのある投資信託一覧はこちらからご確認下さい。
  • お客さまのリスク許容度に応じてさまざまなファンドを取り揃えていますので、各ファンドの詳細ページにて「お客さまのリスク許容度」の項目をご確認ください。

投信口座開設

ネットで簡単開設!
5分で入力、最短4営業日で開設完了

投信口座の開設方法!

NISAも!特定口座も!

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内