用語集

特定口座

特定口座とは、証券会社や銀行などの金融機関が、投資家の代わりに年間の損益の計算をしてくれる取引口座のことです。特定口座内の株式や株式投資信託が損益計算の対象です(2016年から公社債投信等も対象となります。)。特定口座では、「源泉徴収あり」か、「源泉徴収なし」のどちらかが選べます。「源泉徴収あり」を選択した場合、収益にかかる所得税や住民税などの税金を、金融機関があらかじめ源泉徴収するので、確定申告の必要はありません。「源泉徴収なし」を選択した場合、年間の損益に関して投資家が自ら計算および確定申告を行い、納税する必要があります。その場合、金融機関が作成した「特定口座年間取引報告書」を使って確定申告を行います。

用語集一覧へ戻る