用語集

手数料などの費用

主な手数料などの費用としては次の3つが挙げられます。どのような手数料がどのぐらいかかるかは投資信託ごとに決められています。購入の際には目論見書などで必ずご確認ください。

<お申し込み手数料>

投資信託ごとに決められた料率(税込み)が購入時にかかります。

新生銀行取扱ファンドのお申し込み手数料一覧はこちら

<信託報酬>

投資信託ごとに決められた料率が、運用中日々計算され、投資信託の総資産から差し引かれます。基準価額に反映されるので、投資信託を購入した人が別途支払うことはありません。

<信託財産留保額>

運用会社などに支払う「手数料」とは異なり、解約する人が解約時に投資信託の運用資産のなかに残していくお金です。同じ投資信託を持ち続ける人にとって、解約によって発生する取引コスト(支払いのため株式を売却する手数料など)は解約した人に負担してもらい、投資家の公平と運用の安定をはかるなどの性格があります。

投資信託は、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。またお申し込み・保有・解約に当たっては所定の費用がかかります。

用語集一覧へ戻る