BACK NUMBER

気になる住宅ローンの借り換え手数料
借り換えを考えるならココをチェック!

超低金利の時代といわれるようになってしばらく経ちました。しかし、「以前に借り入れた住宅ローンの金利が今の金利水準よりもかなり高い」という人もいるのではないでしょうか。なかには、「より金利負担の少ない住宅ローンへ借り換えをしたい」と低い金利の金融機関を探している人もいるかもしれません。

しかし、金利以外にどのような点をチェックしているでしょうか。住宅ローンの借り換えを検討する際は金利だけでなく手数料についても押さえておくことが必要です。そこで、今回は住宅ローンの借り換え時に必ず確認しておきたい借り換え時に発生する手数料について解説します。

住宅ローンの借り換えを検討したいのはこんな場合

借り入れたときより金利が低くなっているからといって、すべての場合で借り換えを検討したほうが良いわけではありません。住宅ローンの借り換えを検討したほうが良いのは一般的に主に以下の場合と言われています。

  • 金利差年率1%以上
  • 住宅ローン残高1,000万円以上
  • 完済までの残年数10年以上

これらの条件にすべて当てはまるのならば、借り換えの検討をなさってはいかがでしょうか。

借り換え時にチェックしたほうが良い項目とは?

住宅ローンを借り換えする際には、金利以外にも事務手数料や保証料などの諸経費についてチェックすることが必要です。また、金融機関によっては団体信用生命保険の保険料が別途にかかる場合もあります。もし、金利が低い住宅ローンだったとしても、諸経費が高い場合は、借り換え前と比較して総合的にかかる費用があまり変わらないこともあるのです。最悪の場合は、金利は下がったにもかかわらずトータルで支払う金額は増えてしまうということもあります。

借り換えたらいくらお得になるか計算してみよう

借り換えを検討したい金利の住宅ローンがいくつか見つかったら、実際に借り換えシミュレーションで詳細を確認してみましょう。借り換えシミュレーションでは、たとえば新生銀行の場合、以下のような内容を入力することで借り換え後の総返済額や毎月の返済額が試算されます。

  • 現在の借入残高
  • 毎月の返済額
  • 最終返済月
  • 新たな希望借入期間
  • 希望する金利(変動・固定〇年など)
  • ボーナス返済の有無 など

現在の住宅ローンと比べてどのくらいお得になるかの概算も分かるので、ぜひ利用してみましょう。また、借り換えシミュレーションでは事務手数料などの諸経費も確認できます。こちらも忘れずに確認してください。借り換えシミュレーションは、金融機関サイトで提供されている場合があります。これらのツールの充実度も金融機関を選ぶ際の決め手となりますので、いくつか見比べてみることをおすすめします。

借り換えでこんなこともできる!

住宅ローンを借り入れたときよりも低金利になっている場合、借り換えすることで総返済額を減らせる可能性が高くなります。しかし、借り換えの効果はそれだけではありません。

残年数を延ばす代わりに毎月の返済額を減らすことが可能です。金融機関によっては最長35年で借り換えができるところもあります。ただし、住宅ローン残年数を延ばすと、それだけ金利がかかる期間も伸びることになります。そのため、単に毎月の負担を減らしたいからと住宅ローンの期間を延ばしすぎると、思っている以上に総支払額が増えてしまうことにもつながりかねません。

住宅ローンの期間を延ばすならば、慎重に検討してから行ってください。また、反対に毎月の返済額は増えますが、住宅ローンの期間を短縮することもできます。返済を早く終わらせたい人はこちらを検討してみてはいかがでしょうか。

関連リンク:新生銀行 借り換えメリットシミュレーション

田尻様
【執筆者】
田尻宏子(たじりひろこ)
・2級FP技能士
・証券外務員第一種

株式、債券、金利、為替、REIT等、マーケットの変動がその価格等に影響を及ぼす金融商品を購入する際は、必ず個別金融商品の商品説明書等をご覧・ご確認いただき、マーケットの動向以外に、各金融商品にかかる元本割れなどの固有のリスクや各種手数料についても十分ご確認いただいた上でご判断ください。

本稿は、執筆者が制作したもので、新生銀行が特定の金融商品の売買を勧誘・推奨するものではありません。

  • ・本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場観等を示唆するものではありません。
  • ・金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。
  • ・上記資料は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を新生銀行が保証するものではありません。
  • ・また本稿の内容は2020年2月3日時点の情報に基づきます。

当行では具体的な税額の計算、および、税務申告書類作成にかかる相談業務はおこなっておりません。個別の取り扱いについては、税理士等の専門家、または所轄の税務署にご確認ください。

  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら
  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら