住宅ローン返済比率
どのくらいがおすすめ?
本当に無理なく返せるか年収を確認しよう

住宅ローンを組む際、「なるべく多くの額を借り入れしたい」と考えている人もいるでしょう。しかし、何十年もの間返済し続けることができるかまでしっかり考えているでしょうか。「自分の年収でどのくらいの借入額が妥当なのか」は、ぜひ把握しておきたいところです。今回は、住宅ローンの返済比率について考えてみます。

住宅ローンの返済比率とは?

住宅ローンの返済比率とは、「年収に占める年間返済額の割合」です。「年間返済額÷年収」で算出されます。金融機関によって見方は若干変わりますが、一般的には30~35%が基準といわれている傾向です。たとえば、年収500万円の場合、返済比率の違いで年間返済額と毎月の返済額は以下のように変わります。

返済比率 年間返済額 毎月返済額
(年間返済額÷12)
35% 175万円 約14万5,800円
30% 150万円 約12万5,000円

*ボーナス返済は考慮していません。

金融機関によっては、年収に応じて返済比率の上限を定めているところもあります。

住宅ローンの返済比率をどう考える?

ご紹介した通り、住宅ローンの返済比率は30~35%が基準となっていることが一般的なようです。そのため、できれば返済比率ギリギリまで借り入れたいと考えるかもしれません。しかし、本当にそれでいいのでしょうか。

住宅ローンは、数十年も返済が続くため、子どもがいる場合は進学でまとまった出費になる可能性が高まります。また、病気や介護で仕事を今までのように続けられなくなり、収入が減るというトラブルもあるかもしれません。

もし、住宅ローン返済で毎月高額のお金を支払っていた場合、想定外にお金がかかる事態に対応できなくなることもあり得ます。返済比率は、余裕を持って考えておくことがおすすめです。

返済負担率を重視する流れも

最近の調査結果では「審査の際に重視される項目」として「返済負担率(毎月返済額/月収)」が上位に挙がっています。

*住宅金融支援機構「2019年度 民間住宅ローン貸出動向調査」より

返済比率と同様、収入に対して「毎月どのくらい返済するか」を金融機関側は重要視しています。高すぎる返済比率では、長い期間の返済に支障がある可能性が高いと考えているのでしょう。やはり、無理のない借入額にとどめておくほうが賢明です。

住宅ローン借入可能額と返済額とは?よく考えてから利用しよう

金融機関のWebサイトで自分の年収を入力すると借入限度額が算出される、シミュレーションを試したことがある人もいるのではないでしょうか。しかし、その金額の限度額まで借り入れようとすることはおすすめできません。

先にも述べましたが、住宅ローン返済中には想定外にお金が必要な出来事が起こる可能性があります。返済に力を入れるだけでなく、もしものために貯蓄もできる余力を残して借り入れを検討しましょう。

参考リンク:新生銀行 住宅ローンシミュレーション

田尻様
【執筆者】
田尻宏子(たじりひろこ)
・2級FP技能士
・証券外務員第一種

株式、債券、金利、為替、REIT等、マーケットの変動がその価格等に影響を及ぼす金融商品を購入する際は、必ず個別金融商品の商品説明書等をご覧・ご確認いただき、マーケットの動向以外に、各金融商品にかかる元本割れなどの固有のリスクや各種手数料についても十分ご確認いただいた上でご判断ください。

本稿は、執筆者が制作したもので、新生銀行が特定の金融商品の売買を勧誘・推奨するものではありません。

  • ・本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場観等を示唆するものではありません。
  • ・金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。
  • ・上記資料は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を新生銀行が保証するものではありません。
  • ・また本稿の内容は2020年2月3日時点の情報に基づきます。

当行では具体的な税額の計算、および、税務申告書類作成にかかる相談業務はおこなっておりません。個別の取り扱いについては、税理士等の専門家、または所轄の税務署にご確認ください。

  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら
  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら